カナダワーキングホリデーの申請手順・記入サンプル・費用・年齢・英文履歴書などに関する情報をゼロからわかりやすくご案内

ワーキングホリデーでかかる費用の全て

トータルの費用

カエデ君、ワーホリに向けてどの位の資金を用意するつもりカナ?予算は、目的や生活スタイルで変わってくるのじゃが、ざっくりと費用を見積もってみたぞよ。

必ず発生するもの

  • 航空券 : 1300ドル
  • 保険 : 600~1300ドル
  • 生活費 : 750ドル(家賃+食費の月平均)×12 = 9000
合計 : 約11,600ドル

個人によって金額が異なるもの

  • 学費 : 3,800ドル(語学学校にフルタイム3ヶ月通った場合)
  • 小遣い : 1,800ドル(外食、買い物、交際費など月150ドル)
  • 旅行 : 1,000~2,000ドル(国内旅行~海外旅行)
合計 : 0~7,600ドル

収入など

  • アルバイト : 時給10~11ドルで一日4時間×週5日×3ヶ月、または6ヶ月働いた場合
合計 : 約2,500~5,300ドル (3~6ヶ月働いた場合)

トータルの費用

  • 出費 : 時給10~11ドルで一日4時間×週5日×3ヶ月、または6ヶ月働いた場合
  • 収入 : 2,160~4,320ドルドル(約18万~35万円)
合計 : お薦めご予算:100~130万円

アルバイトが出来ると言っても、100万円くらいは最低ないと、ギリギリの生活になりそうですね。では、その位を目安に貯金したいと思います!

アルバイトの収入はあくまで補助と割り切って、出来るだけ自己資金でカバーできるとよいでしょう。では費用の各項目について、もう少し詳しくご案内します!

航空券

航空券は、買い方によって値段が実に様々ですが、滞在期間一年の人が往復のチケットを手に入れる時、トータルで10~15万円くらいかかるのが一般的と言っていいでしょう。(税金、燃料費含む。これらがまた高い!) カナダドルでは、仮に1,300ドル程度と見積もりました。
ワーキングホリデーなら片道チケットで入国しても問題ありませんが、帰りに結局もう一枚航空券を買うことになりますので、初めから一年オープンの往復チケットを購入したほうが安くなるケースが殆どです。

保険

医者にかかる時の費用を負担してくれる、いわゆる医療保険です。日本を出発する前にAIU保険などの海外旅行保険に加入するのが一般的です。

保険に加入しないと、診察してもらうだけで100ドル(8500~9000円)かかったり、ちょっと手の込んだ治療でもしようものなら何十万円とかかる可能性もゼロではありません。日本では健康保険があるので、医療費が安く感じますが、海外生活では保険に加入するのが常識です。保険は絶対に必要ですので、加入するようお気をつけ下さい。

もしもの医療費を負担する方法は幾つかあります。詳しくはワーホリシロップ・保険のページをご覧下さい。

生活費

殆どの人は、初めホームステイに1~3ヶ月ほど滞在し、その後アパートや貸し部屋などへ引越しするのが一般的です。ホームステイ代は700~800ドル(3食含む)の範囲が一般的で、手配料が200ドルほどかかる事があります。またアパートや貸し部屋も物件によって値段が様々ですが、ここでは全体的に平均して750ドル程度(食費込み)で計算しました。

アパートシェアをすると出費はかなり抑えられますし、もっとお金のかかる生活を送る事も簡単です。生活費は、海外生活でもっともお金を消費する部分。節約はご自分次第ですので、心得ておきましょう。

学費

ワーホリの方が学校へ通う場合の通学期間は1~3ヶ月が一般的です。語学学校の平均的な3ヶ月の費用(入学金、教材費、授業料)として3,800ドルとしました。もっと抑える事は学校選びによって可能です。詳しくは、留学エージェントに相談をしましょう。

小遣い、旅行

生活費以外でも、日々の生活の中で色んな事にお金は出てゆきます。
出来た知り合いと遊びに行ったり、外食したり、パーティに参加したり、買い物や小旅行、長期旅行、オーロラを見に行ったりイチローの試合を見にシアトルまで行ったり(バンクーバーの場合)・・。あげたらキリがないですが、この部分の費用が、カナダ生活を充実させるために一番重要なものかもしれません。大金はいりませんが、節約し過ぎるとせっかくのカナダ生活の「質」が落ちてしまい、不満足なものになりかねません。

小遣いは、サンプルとして月150ドル計算で、一年分を算出しました。旅費はまちまちで、レンタカー借りて安くあげる旅行もあれば、少し奮発して日本からでは遠い南米やヨーロッパへ行くという手もあります。オーロラ旅行は安くても1000ドル程度するなど、高い旅行もありますので、1000~2000ドル程度の幅をもって計算しています。旅行は、海外生活の思い出を深める重要なイベントです。是非チャレンジされてください!

アルバイト

アルバイトなどの仕事体験も、ワーキングホリデーならでは。お金が目的の場合や、経験を目的にする人もいるでしょう。日系のお店でも客がカナダ人というケースが多いですから、英語が苦手でも、自分が可能な範囲でお仕事にチャレンジされてみてください。お金と経験両方が目的の方でも、例えば雇用先の多いバンクーバーなら見つかりやすいかもしれません。

ちなみにBC州(バンクーバーやビクトリアなど)の最低賃金は8.75ドル(2012年5月までに段階的に10.25ドルにあがります)、オンタリオ州(トロント、オタワなど)も10.25ドル、アルバータ州(カルガリー、エドモントン)は8.80ドルです。レストランのサーバー(ウェイター・ウェイトレス)はチップ収入もあるので、実際の収入はもう少し高くなります。

なるほど!
カナダの物価がなんとなくわかってきました。日本よりすごい高い、って事はなさそうですね。

うむ、ポイントは自分にあった節約がいくらでも出来る環境がカナダにはある、という点じゃな。

 

ワーホリシロップはカナダ留学のマイルストーンカナダにより運営されています。

マイルストーンカナダは、バンクーバー・トロント・東京の3都市で直営オフィスを運営する無料の留学サポート会社です。大手サイト運営や長い業界経験を強みに、早さ&丁寧さに徹したメールカウンセリングと、現地サービス・サポートをご提供しています。私たちと相談するなら、皆さまに知識は一切不要です。ただ、やりたいかどうか?の答えがあればいいのです。ご縁があって弊社へたどり着いた皆様。あなたの「やりたい」を是非とも私達に聞かせてください。