カナダワーキングホリデーの申請手順・記入サンプル・費用・年齢・英文履歴書などに関する情報をゼロからわかりやすくご案内

保険について

ワーキングホリデーの保険とは

ワーホリで忘れてはいけないのが、もし医者にかかった時の高額の医療費を払う事になる、と言う事じゃ!海外ではほっといたら全額自己負担で、すさまじい金額となる。

うわぁ、怖いですね!確かに日本だったら国保がありますが、海外だと自分で何とかしないといけない訳ですね。滞在中、何があるか予想出来ないですもん・・

うむ、だから殆どの人は海外旅行保険と呼ばれる、海外用の医療保険へ出発前に加入しているのじゃ。中には様々な特約が付いた便利なものもあるぞ。早速紹介しよう!

AIUの海外保険

保険は、通常出発前に保険会社と契約して、日本を出るその日からサポートが開始します。保険会社は、世界的に有名なAIU保険が安心です。なんと言っても世界中に展開しているグループの強みか、殆どの海外主要都市でキャッシュレス(保険証を見せるだけ)で治療が可能という点で、非常に安心感があります。日本語のサポートセンターにも各地からローカルコールでかけられます。

旅行保険の申し込みは、ライセンスのあるAIUの代理店から申し込みます。具体的なプランや保険料は各代理店で異なる事もあるので、直接確認しましょ う。最近はオンラインで申し込み出来る所も増えてきており便利になってきました。書類も質問事項や個人情報を記入するだけで簡単です。当サイトからのお薦め代理店はこちら→AIU保険代理店

サポート内容

一般の海外旅行保険には、海外で医療を受けた場合の治療費だけで無く、死亡や障害、賠償責任、はたまた携行品の盗難・紛失までサポートしている充実ぶりで す。特に短期滞在や高価な物を持参する人にはうれしい特約です。しかし単純に医療費だけカバーしたい・・という人には、なかなか理想の保険商品が見つから ない事もあります。

ちなみに、殆どの旅行保険では歯科治療はカバーされません。海外の歯科治療は高額の傾向があります。怪我による一時的 な歯の治療はサポートされる事もあるようですが、虫歯治療などはサポートされません。留学中には間違っても虫歯にならないよう日々気をつけるか、渡航前に 歯医者で検査を受けて、出来るだけ治療してから渡航するに限ります。その行動だけで、「もしも」の時の数十万円の出費を抑える事が出来るかもしれません。

保険料

さて値段は保障内容によって大きく異なってきますが、代理店で加入出来るプランは決まっているようです。ワーキングホリデー向けの長期プランもしっかり用意されていますが、最近は値段もあがっており、例えば一年のプランでは20万円を下らないケースが多いようです。

AIU保険のポイント

①出発前に手続を完了しておかなくてはならない。
→日本の保険は、本人が日本出発前に申し込みを完了しておかなくてはならない。本人が現地到着後に加入など現地にいたままでの加入はできない。また日本出発日からの契約をする必要があるので、クレジットカードの後の期間からの契約は残念ながらできない。

②途中で保険会社の変更はできない。
→現地に本人がいる状態で保険会社の変更はできないので、出発前に十分に検討して申し込みをしておくことが必要。

②途中で保険会社の変更はできない。
→現地に本人がいる状態で保険会社の変更はできないので、出発前に十分に検討して申し込みをしておくことが必要。

③日本の保険は、大きくわけて2種類ある。

保険の相談は専門家の人に聞くのが一番!ワーホリシロップでも、この世界的に有名なAIU保険をお薦めしています。詳しい情報や問い合わせはこちらからどうぞ→ワーホリシロップ公認AIU保険

 

ワーホリシロップはカナダ留学のマイルストーンカナダにより運営されています。

マイルストーンカナダは、バンクーバー・トロント・東京の3都市で直営オフィスを運営する無料の留学サポート会社です。大手サイト運営や長い業界経験を強みに、早さ&丁寧さに徹したメールカウンセリングと、現地サービス・サポートをご提供しています。私たちと相談するなら、皆さまに知識は一切不要です。ただ、やりたいかどうか?の答えがあればいいのです。ご縁があって弊社へたどり着いた皆様。あなたの「やりたい」を是非とも私達に聞かせてください。