カナダワーキングホリデーの申請手順・記入サンプル・費用・年齢・英文履歴書などに関する情報をゼロからわかりやすくご案内

カナダで「観光・学生→ワーホリ」に切り替える

カナダ滞在を少しでも長くするため、初めは観光または学生ビザで入国し、現地でワーホリに切り替える方法もあります。

メリット・デメリット

メリットは何と言ってもカナダの滞在期間を長くする事です。(例えば観光・学生ビザで半年+ワーホリ1年=合計一年半となります) また労働期間を少しでも長くしたい人にも向いています。例えば、まず観光で滞在し勉強などに集中して、その後ワーホリへ切り替えれば、一年間めいっぱい仕事をする事ができます。

一方デメリットですが、ビザの切り替えには一度カナダ国外に出る手間がかかるという点があげられます。ワーキングホリデーへ切り替えはカナダへ入国する時のみ行われるため、国境へ行く必要があるのです。一瞬国外へ出てUターンをし再入国すれば、そこの移民局でビザ発行をする事が出来ます。例えばアメリカまで旅行へ行き、カナダに再入国するときの国境でワーホリの許可証を発行してもらうのも一つの方法です。

また一年半滞在するからには、それなりに多めの滞在資金も当然必要となります。通常のワーホリよりも予算を大きく用意しないといけません なお観光で入国する場合、不要であっても往復の航空券を用意する必要がある点です。たとえ日本へ帰国する予定がしばらく無くても、半年以内の復路のチケットを買わないといけません。その費用やチケットが無駄になります。

学生ビザなら、航空券は片道でも問題ありませんし、入国してから携帯電話や銀行口座の開設も簡単です。合理的でお勧めの方法ではありますが、ワーホリ申請とのタイミングが重要であり、ご自身だけでこの方法をとる事はお勧めしません。

以上より、観光・学生→ワーキングホリデーへの切り替えは、専門知識が必要であったり手間もかかるので、長期滞在や就労期間を特に重視する方以外は、強くお薦めしません。

またここで案内する手順は、この方法が必ずうまくいく事を保障または推薦しているものではありません。

ワーホリ申請のタイミング

まず観光(または学生)でカナダに入国してからワーキングホリデーの申請をする方法が一般的です。何故ならワーホリビザの申請中または取得後に別のビザで入国しようとするとトラブルになる事があるからです。入国審査ではあなたがワーホリ申請をしているかどうかすぐ判明しますので、「ワーホリの許可を得ている(または申請中)なのに、何故別のビザで入国しようとするのか?」という点を疑われる事があります。従って入国前はIECの手続きも含め一切行わない事をお勧めします

入国時の注意点

1)帰りの航空券を用意する

観光のステータス(ビザ無し)で入国する場合、半年以内に帰国する航空券の所持が必要です。あとでワーホリに切り替える予定で実際は不要であっても、チケットが無いと入国でほぼ必ずトラブルになりますので、この点は必ずお守り下さい。また航空券の帰国日がシナリオと矛盾(例えば半年以上先のチケット)するとこれも問題となるので、ご注意下さい。

2)カナダの予定について

入国審査で聞かれない限りは、ワーキングホリデーの話は自分からせず、用意したチケットの通りに帰国すると説明します。カナダで何をするのかも聞かれますので、学校の入学許可証を持っていると説得力が増します。事前に手続きをして入学許可レターを持参する事を強くお薦めします。 この時、帰りの航空券と学校の通学期間に矛盾があると問題になりますので、矛盾がある場合はむしろ学校の事は伝えないほうが無難です。 学校の他、ホームステイをして、旅行をして帰る、といった内容だけ話すようにしましょう。架空でもよいので、できれば具体的な計画(いつころ、何処へ何をしに行く、など)を説明できるようにしておくのがよいでしょう。

3)ワーキングホリデーの許可がある事について

もし入国審査官が、あなたにワーキングホリデーの許可が既に出ている(または申請している)事を指摘されたら、嘘はつかずに「ワーホリの許可は得ている。観光ビザが終わった後、ワーキングホリデーへ切り替えるつもり」と言うのも一つの方法です。この時のためにステップ1の許可レターをプリントして持参し、言われたら見せて下さい。

 

ワーホリシロップはカナダ留学のマイルストーンカナダにより運営されています。

マイルストーンカナダは、バンクーバー・トロント・東京の3都市で直営オフィスを運営する無料の留学サポート会社です。大手サイト運営や長い業界経験を強みに、早さ&丁寧さに徹したメールカウンセリングと、現地サービス・サポートをご提供しています。私たちと相談するなら、皆さまに知識は一切不要です。ただ、やりたいかどうか?の答えがあればいいのです。ご縁があって弊社へたどり着いた皆様。あなたの「やりたい」を是非とも私達に聞かせてください。