カナダワーキングホリデーの申請手順・記入サンプル・費用・年齢・英文履歴書などに関する情報をゼロからわかりやすくご案内

スパルタ会話

語学学校はどんなところ?

ワーキングホリデーの充実に欠かせない語学学校。どんな所なのか、ここでちょっとご紹介しますね!

英語力に自信ないから学校はしばらく通わないとな~ 海外の友達を作るのも楽しみです!

語学学校はこんな所

ワーキングホリデーの殆どの方が初めに通う語学学校。現地ではESL(English as a Second Language) Schoolと呼ぶのが一般的で、または普通にLanguage Schoolとも呼ばれます。

語学学校の名称に「XXX College」と、名前の一部にCollegeという単語が含まれる事がありますが、これは単なる名前の一部で、実際のカレッジ(日本で言う短大に近いもの)とは異なります。

ESLでは、色んな国から集まった留学生と一緒に、いわゆる英語で英語を学ぶ方式で授業が進んでゆきます。すべて英語とは言え、クラスはレベル分けされて初心者でも自分の英語力にあったクラスで無理なく学べるよう工夫されています。

海外ですぐアルバイトが出来る程の英語力を持っている人は、ワーキングホリデーの方でも殆どいません。従って、カナダに着いたらまず語学学校に数ヶ月通い英語力をしっかり鍛えて、生活や仕事に必要な英語力を身につけています。

カナダの留学生で多い国は、季節や学校によっても異なりますが、ブラジル、メキシコ、ベネズエラ、韓国、台湾、サウジアラビア、トルコ、スイス、フランス、ドイツ、スペイン(順不同)など、数十~百カ国に及ぶびます。近年は経済成長の目覚しいブラジルの生徒が増加傾向にあったり、国が留学を推進しているサウジアラビアの学生が増えています。

英語を身につけるだけでなく、海外の友達をたくさん作れる場所「語学学校」は、ワーキングホリデーの充実度を左右する大切な場所となるでしょう。

※なおカナダではフランス語も学べる国として有名です。フランス語留学に興味のある方はフカフカ留学をご覧になって下さい。

語学学校に通うべき?

カナダは学校数が圧倒的に多く、語学留学先として世界一ポピュラーな国でもありますから、この環境を是非体験してみてください。英語力に自信の無い方、アルバイトや生活にむけて実践的な英語力を身につけたい方にとって語学学校はかかせません。

ちなみに海外ですぐアルバイトが出来る程の英語力を持っている人は、ワーキングホリデーの方でも殆どいません。従って、カナダに着いたらまず語学学校に数ヶ月通い英語力をしっかり鍛えて、生活や仕事に必要な英語力を身につけています。

また、あなたの英語力に関わらず、初めて生活する国では一度は語学学校へ通う事をお勧めします。
その理由は、海外生活を便利にする生活や仕事の情報が、学校を通してできる知り合いの輪から入りやすくなるからです。このような情報があるか無いかで、海外生活の「密度」は大きく変わってきます。ワーキングホリデーは一年間という期間限定の時間です。そして学校は限られた時間を効率的に使う手段でもあるのです。

通学期間

ワーキングホリデーの方は、カナダに到着後平均で3ヶ月ほど学校へ通っています。一ヶ月ですとあっと言う間に過ぎてしまう時間で、英語の伸びを感じる事もできません。一般的に3ヶ月ほど通い続けると、自分の英語に少し変化を感じてくる・・と言われます。ワーキングホリデーで6ヶ月ほど学校へ通う人もよくいます。

授業料の面で言っても、多くの学校は3ヶ月を基準に、月当たりの授業料が割安になる傾向にあります。長ければ長いほど授業料は割安になります。キャンペーンがある場合でも、対象が3ヶ月以上の申し込みのみ、というケースが多いです。

逆に言うと、一ヶ月の申し込みが一番割高、と言うことも出来るかもしれません。入学金も、その一ヶ月のために払わないといけない事になりますから、よっぽど予算がギリギリなどでなければ、お金の効率を考えても数ヶ月以上の通学をお勧めします。

学校の想像をするとワクワクしてきますね!英語が初心者で不安ですが、楽しみながら学生生活したいなぁ

そうじゃ!英語は勉強すると言うよりコミュニケーションで使うためのものだから、楽しみながら吸収してゆく事が大事じゃぞ

 

ワーホリシロップはカナダ留学のマイルストーンカナダにより運営されています。

マイルストーンカナダは、バンクーバー・トロント・東京の3都市で直営オフィスを運営する無料の留学サポート会社です。大手サイト運営や長い業界経験を強みに、早さ&丁寧さに徹したメールカウンセリングと、現地サービス・サポートをご提供しています。私たちと相談するなら、皆さまに知識は一切不要です。ただ、やりたいかどうか?の答えがあればいいのです。ご縁があって弊社へたどり着いた皆様。あなたの「やりたい」を是非とも私達に聞かせてください。