カナダでワーキングホリデー・海外送金 ワーキングホリデーの費用  海外送金  クレジットカード

海外送金(お金の移動方法)

ジャスティン仙人、日本で貯めたお金はどうやってカナダで使うんでしょうか?日本の口座からその都度引き落とすんですか?

日本から引き落とすと毎回手数料がかかるし、長期滞在向きじゃない。お金は一旦カナダへまるごと移動して、現地で少しずつ使うのが鉄則じゃ。

それじゃ日本円の現金をそのまま持ってきて、銀行に預ける形になるのでしょうか?

現金を持参する方法もあるが、殆どの人が銀行を使った海外送金を利用しているのじゃ。安全だし、手続きも難しくないぞよ。


※海外送金の詳しい情報は、Study in Canada!の海外送金のページもご覧下さい

海外送金とは?

いわゆる海外送金とは、簡単に言うと「海外の銀行口座へお金を振り込む」事を言います。例えばワーキングホリデーの人の場合・・・

(例1)学費を、カナダにある留学エージェントの口座へ送金する
(例2)自分の生活資金を、カナダの自分の口座へ送金する

例2の場合、 まずはあなたが現地に着いてから銀行口座を開き、日本からその口座へ送金します。この場合、送金手続きは日本の家族に頼むのが一般的ですが、本人がネット等で実施出来る事もあります。

海外送金に関わる「コスト」

海外送金に関わってくる手数料は主に

送金を行う銀行(日本)に払う手数料
送金の中継をする、受取り銀行(海外)に払う手数料

の二種類があります。

また、その日の為替レート銀行の外貨レート(TTS)によって、受け取る金額に変化が出てきます。

海外送金の手数料


金手数料は、銀行が独自に定めています。以下に示す各銀行の比較をご覧下さい。

海外送金手数料比較(2011年5月現在)
ゴーロイズ/CITIBANK :2000円  ゴーロイズ シティバンク※
ゆうちょ銀行 2500円
三菱東京UFJ銀行 3500円
新生銀行 4000円
三井住友銀行 4000円
みずほ銀行 5500円
りそな銀行 6000円
ウェスタンユニオン
(スルガ銀行)
送金額による
(例)10万円:3000円、20万円:5000円など
※ ゴーロイズ、新生銀行は事前の登録要。CITIBANKの2000円は一定の条件を満たす必要がある。

手続きの方法

海外送金は、どこの銀行でも扱っている訳ではありません。まずは事前に、最寄の銀行で海外送金を扱っているかどうか、確認するのがよいでしょう。地方銀行や信用金庫の場合、送金を取り扱っていないケースもあります。また、仮に取り扱っていたとしても海外との取引を直接していない銀行では、大手都市銀行など を中継して送金する事になるため、送金手数料が結果的に高くとられてしまう事も多くあります。可能であれば、上記で述べた大手都市銀行を利用して送金する のがベストです。

手っ取り早いのは、ゆうちょ銀行かもしれません。手数料は抑え目で、多くの支店で送金を扱っています。

必要な情報

海外送金にあたっては、送り先の銀行に関する以下の情報を、事前に確認してください。送金先となる銀行に聞けば確認できます。 (送金には、必ずしも全てが必須という訳ではありません)

  • 銀行名
  • 支店名
  • 銀行番号(Institution Number)
    カナダの例:Bank of Montreal:001、Scotiabank:002、Royal Bank:003、TD Canada Trust:004、CIBC:010
  • 支店番号(Transit Number)
  • 支店住所
  • SWIFTコード(世界中の銀行を区別する8~11桁のコード)
  • 口座名義
  • 口座番号
  • 受取人住所

送金の手続き

銀行の窓口へ行くと、海外送金の申し込みフォームをもらえると思います。そこへ、上記で示した情報を記入します。 その情報と共に、送金額(日本円、または現地通貨)を窓口へ支払えば、送金は完了です。自分の口座がその銀行にあれば、そこから直接引き落として処理をしてくれます。 大手都市銀行であれば、数日で送金は完了します。
ちなみに、送金額を現地通貨で提示した場合は、支払うべきお金(円)が幾ら必要になるかを教えてくれます。

 

ゆうちょ銀行で海外送金

ここでは代表としてゆうちょ銀行の送金方法についてご紹介します。

ゆうちょ銀行での海外送金 ゆうちょ銀行からも手軽に海外送金が出来ます。手数料は2500円と安価なで、手間を考えてもお薦めです。ただし他の銀行と比べ、送金に時間がかかる傾向がある(カナダまで一週間ほど)ので、急ぎの人には向かない。

ゆうちょ銀行の口座を持っている場合は、口座から直接送金をする事が出来ます。持っていない場合は、現金を窓口まで直接持参しましょう。為替レートは、その日の正午に更新されます。10万円以上の送金では身分証明書が必要ですので、免許証や健康保険証などを持参しましょう。

また、送金額が100ドル以上の場合は、仲介手数料として10ドルが送金金額から差し引かれます。従って、相手に渡したい金額に10ドルを加えて送金をするようにしましょう。(留学エージェントが受取り手数料込みで請求している場合は、10ドル加算する必要なし)

ちなみにその他の銀行から送金すると20ドル以上の手数料が引かれてしまう事もあるので、中継・受取り手数料はゆうちょは安い方だと思います。

なお、ゆうちょ銀行ではスタッフが海外送金の知識に乏しいケースがあります。必要な情報を渡しているはずなのに、情報が足りない・・などというケースもあります。その場合は埒が明かないので、送金の取り扱いに慣れている大きめの郵便局へ行く方がいいかもしれません。


ちなみにゆうちょ銀行では、国際送金サービスとして「住所あて送金」「口座あて送金」という2種類が用意されており、後者の「口座あて送金」がいわゆる海外送金にあたるサービスです。
一方「住所あて送金」とは、いわゆるマネーオーダー、国際郵便為替(International Postal Money Order)の事を言います。簡単に言うと現金を郵便で海外に送るようなものですが、現金を郵送する事は禁止されているので、為替(マネーオーダー)とい う為替証書にお金を差し替えて、郵便で送り先の住所へ直接送ります。受取人は、郵便局などへ行って、お金に換える事が出来ます。留学生がこのサービスを使 う事は滅多にないので、詳しい説明はここでは割愛します。

※海外送金のより詳しい情報は、Study in Canada!の海外送金のページからもご確認いただけます


トップページへ戻る
【免責】ビザ申請の手順や規定は例年、カナダ移民局により予告なく変更が加えられています。従って当サイトにある情報の正当性はあくまでご本人の責任でご判断下さい。正しい情報はカナダ大使館カナダ移民局各国のカナダビザオフィスのウェブサイトにて確認が出来ます。当サイトは、ご覧いただいた方のビザ申請および入国に関する責任を負うものではありません。例えば当サイトをご覧になって申請した結果なんらかの問題が生じた場合も、運営者は責任を負いかねます。ビザ手続きは有資格者のアドバイスに基づき慎重に行う事をお薦めします。
ワーホリシロップについて | お問い合わせ | 英文履歴書 | リンク集 | 評判のカナダ学校特集

©2011-2014 Milestone Canada.
ワーホリシロップはカナダ留学のマイルストーンカナダにより運営されています。