カナダワーキングホリデーの申請手順・記入サンプル・費用・年齢・英文履歴書などに関する情報をゼロからわかりやすくご案内

ワーキングホリデーとは

ワーキングホリデーはとっても便利な「何でもビザ」

ワーキングホリデーを平たく言うと、日本とカナダの交換留学プログラムの様なものだが、必ずしも勉強をする必要は無く、仕事旅行をしながら、一年間自由に生活が出来るのじゃ。

なるほど、それは充実した時間が過ごせそうですね!特に海外でアルバイトをするのは貴重な経験なので、是非チャレンジしようと思ってます!

普通は、海外で働くなんて、簡単には出来ないが、ワーキングホリデーはそれをいとも簡単に実現する魔法のようなシステムなのじゃ。とは言え仕事をしなくても、勉強や旅行中心でも、又はブラブラ生活してもいい、いわゆる「なんでもビザ」じゃな、ガハハ。

ワーキングホリデーで出来ること

では、なんでもビザのワーキングホリデーだと、カナダで具体的に何をできるのか、リストアップしてみました。

  • 最長一年間滞在できる
  • 仕事が出来る(最長一年)→アルバイトや社員など
  • 学校へ行って、英語や専門分野の勉強が出来る(最長半年)
  • ホームステイを好きなだけ体験する
  • 旅行三昧(国内有名スポット、またアメリカや南米、ヨーロッパへのアクセスにも便利)
  • スポーツ三昧(スキー、スノーボード、テニス、ゴルフ、釣り、カヤックなどがお薦め!)
  • ボランティアを通して外国文化に触れる(カナダはボランティアがとても浸透してる国です)
  • 調査、研究など、長期間の海外滞在が必要な活動を行う

あげたらキリがありませんが、通常は個別のビザが必要な仕事や学業も許可され、その他にも出来る事がたくさんあります。一年間じゃ短く感じる事は間違いありません。(実際、多くの人が一年では短いと感じられ、ビザの変更をして滞在を伸ばす方がいます)

ワーキングホリデーで出来ない事

では逆に、ワーキングホリデーでは出来ない事はなんなのでしょうか?強いて言うならば、以下のような事です。

  • 渡航前に仕事を決めるワーキングホリデーは仕事が一番の目的ではありませんから、渡航前に仕事先が内定している状態はそれに反するという考え方です。事前に仕事情報を探したり雇用主にコンタクトするにしても、内定する前の状態にとどめておきましょう。
  • 学校に半年以上通う半年以上学校へ通いたい場合は、学生ビザが必要です。ワーホリ期間中に気持ちが変わって半年以上学校へ通いたくなった場合は、ワーキングホリデーの期間中であっても学生ビザの申請をします。

    →学生ビザについてはカナダ留学情報サイトStudy in Canada!で詳しくご覧下さい。
  • 一年以上滞在するワーホリは一年間で終了です。ビザを観光・学生へ切り替えると滞在延長が可能です。

募集の仕組み

通常は、毎年一月に募集概要が発表されます。2014年頃から一年を待たずに定員に達するようになってきており、2015年度は4か月で定員に達しました。近年は人気が高まってきており、募集が始まって早めに手続きをしないと取得できない状況になりつつあります。

なお許可を取得してから一年以内に入国すればいいので、出発時期は年度と関係ありません。取得が2016年、出発が2017年というケースもある、という事です。

申請の手続きはすべてオンライン申請となっており、必要な書類(データ)をアップロードする必要があります。従ってパソコンが無いと申請が出来ません。

申請受理後はキャンセルは出来ない

最終的なビザの許可が発行されるとその時点でプログラム参加者と見なされるので、カナダに入国をしなかったとしても今後プログラム参加資格は無くなります。要は、一度許可をとるとキャンセルは出来ません、という意味で、再申請をする事も出来ません。申請前にワーキングホリデーへの参加の気持ちを再確認しましょう。

なるほど!
一年以内に出発すればいいなら、とりあえず申請しておいて、出発時期は後でゆっくり考えようかな。

うむ。具体的な出発日は、時期が迫ってから決めれば問題ない。ただし、ワーホリ申請そのものは、申請書を提出するとキャンセルできないので、その点だけ気をつけるのじゃ。

 

ワーホリシロップはカナダ留学のマイルストーンカナダにより運営されています。

マイルストーンカナダは、バンクーバー・トロント・東京の3都市で直営オフィスを運営する無料の留学サポート会社です。大手サイト運営や長い業界経験を強みに、早さ&丁寧さに徹したメールカウンセリングと、現地サービス・サポートをご提供しています。私たちと相談するなら、皆さまに知識は一切不要です。ただ、やりたいかどうか?の答えがあればいいのです。ご縁があって弊社へたどり着いた皆様。あなたの「やりたい」を是非とも私達に聞かせてください。