カナダでワーキングホリデー・申請書類

申請ステップ1(郵送)

【お知らせ】このページは2013年の古いものですので、トップページに戻って最新情報をご覧下さい。

2013年1月から申請手順が大幅に変わって2段階の手続きとなったのじゃ。少し手間がかかるが、わしらが説明するから安心しなさい。

ええっ!
ビザの手続きってそんな簡単に変更されちゃうものなんですか?

近年カナダのビザシステムは毎年大きく変わっています。ネット上では古い情報がそのまま残ってるケースも多いので、注意して下さいね。

ステップ1:書類の郵送

4点の書類を準備

以下4点の書類を同封して、カナダ大使館(東京・青山)へ郵送します。

  1. ワーキングホリデー・プログラム申請・申告書
    申請・申告書 ※2013年分は定員に達したため現在ダウンロード出来ません。2014年になるまで申請は今しばらくお待ち下さい。

    上記リンクを右クリックで「名前をつけてリンク先を保存」を選び申請書をパソコンに保存します。そのファイルに必要事項を入力してバーコードを出力します。Eメールアドレスが間違えると許可が届かないので、間違いが無いか再確認して下さい。携帯のメールアドレスは使えません。その後プリントアウトして署名をします。
    詳細手順やサンプルは申請書記入サンプルページをご覧下さい。

  2. パスポートの写真のついたページのコピー
    最低、カナダ出国予定日より1日長い有効残存期間があること。また最終ページを除き最低1ページの空白ページがあること。
  3. プログラム参加費支払いの証明またはクレジットカード支払いフォーム
    振込みの場合:プログラム参加費の振込控えの原本(コピー不可)、またはインターネットバンキングの振込み明細を印刷したもの。(振り込み元銀行名、振込み日、振込み名の記載のあること)
    クレジットカード払いの場合:フォームに必要事項を記入したカード支払いフォーム(クレジットカード支払いフォームPDF記入例

  4. 自分の日本の住所・氏名を記載した返信用封筒 (12 x 23.5cm 定形最大サイズ)
    切手は不要です。もし申請に問題があった場合に、この封筒を使ってその通知が郵送されてきますが、問題がなければ結果はメールで送られ、封筒は使われません。

プログラム参加費

参加費(150ドル)の支払い方法は、銀行振り込みとクレジットカード支払いの二種類があります。

■銀行振り込みによる支払い
銀行窓口やATMによる振り込み、またはネットバンキングでも支払いが可能です。参加費150ドルが日本円で実際に幾らになるか参加費のページを必ず確認して下さい。為替相場の変動で、金額が急に変更される可能性があります。
支払いの控え(原本)は提出しますので、大切に保管してください。インターネットバンキングの場合、振込み控えの画面をプリントアウトして提出して下さい。振り込み元銀行名、振込み日、振込み人の名の記載があるかを確認してください。振込み先の口座情報は以下のとおり。

金融機関名:
シティバンク銀行
支店名(店舗コード):
本店(730)
科目:
普通
振込先氏名:
CANADIAN EMBASSY
口座番号:
7645782
振込人の氏名欄は、申請者のフルネームをローマ字もしくはカタカナで記入。代理人などの名前での振込みは受付できません。支払いにかかる銀行手数料は申請者が負担します。余分な料金を足したり、分割して支払う事は出来ません。


■クレジットカードによる支払い
VISAまたはMasterCardが利用できます。カード支払いフォーム(PDF)に必要事項を全て記入して、その他の書類とともに同封して郵送します。手書きで署名をしてください。

フォームの記入例はこちら。


■注意事項など
次の方法での支払いは受け付けられませんのでご注意ください(小切手、郵便局発行の普通為替証書、現金など)
指定外の方法で支払いをした申請書はすべて返送されます。また参加費は、不許可や辞退をした場合は、返金されます。ただし、許可証発行後は返金は出来ません。

郵送先

申請書の送付先はこちらです。

〒107-8503 東京都港区赤坂7-3-38
カナダ大使館広報部
ワーキングホリデー・プログラム係

 

書類を郵送して審査がパスすると、許可通知(PDFファイル)が添付されたメールが届きます。その後、申請のステップ2へ進みます。

ステップ1は難しくないですね!ほっ。 とりあえず振込みをしよ~っと!

ちなみに許可が下りると、以下のようなメールや添付ファイルが届きます。(迷惑メールに入らないようにご注意下さい!)ステップ1の許可が下りたら、180日以内にオンライン申請を進める必要があります。


許可された際に届くメール

送信元アドレス:RE-TOKYO.WHP-PVT@international.gc.ca
メールの件名:<IEC/ワーキングホリデー・プログラム参加資格を確認しました>

メールの本文
<IEC/ワーキングホリデー・プログラム参加資格を確認しました>

あなたからのIEC/ワーキ ングホリデー・プログラム申請についてご連絡申し上げます。
添付PDF書類にて、IECプログラム参加資格確認の手紙(英語/フランス語)をお送りしましたのでご確認ください。
あなたの申請書は、IEC(広報部)での審査が終わり、プログラム参加資格が認められました。IECプログラム参加資格確認の有効期限は、発効日より180日間です。その間にステップ2の査証審査に進んでください。
ステップ2は、カナダでのワーキングホリデー滞在許可を受けるための審査となります。
お送りしたIECプログラム参加資格確認の手紙は、その審査に進むことを許可するものであり、カナダ滞在許可ではありません。
実際の滞在許可を受けるためには、このステップ2でオンライン上で「MyCICアカウント」を作成し、申請をしなければなりません。これは、カナダ市民権・移民省(CIC)が審査します。
下記のサイト順に入ってそれぞれ必要事項を記入してください。
1. カナダ市民権・移民省(CIC)のカナダに滞在するためのアンケート調査 http://www.cic.gc.ca/ctc-vac/cometocanada.asp
2. カナダ政府の各種サービスを受けるために必要な情報をGCKeyへの登録 https://clegc-gckey.gc.ca/j/eng/rg?execution=e1s1
3. カナダ市民権・移民省(CIC)で申請を開始する http://www.cic.gc.ca/english/e-services/mycic.asp


あなたの申請が許可された場合は、後日CICからあなたに” Letter of Introduction(就労許可通知書)」が送られます。その書類を印刷して、パスポートと共に入国時に提示してください。その時に”Work Permit(就労許可証)”が発行され、その日からあなたのワーキングホリデーとしてのカナダ滞在が始まります。カナダへはCICから受け取った手紙の有効期限内に渡航してください。あなたの申請が不許可となった場合も、CICからあなたにその理由を記載した手紙が送られます。
査証審査にかかる時間は通常、MyCICで申請をしてから6週間です。
査証審査には個人差があり、長くかかる場合もあります。査証審査は、あなたが決めた出発日に間に合うように進むとは限りません。フライトチケット等の予約準備は、結果を受け取ってからされることをお勧めします。
ステップ2の査証に関するご質問には広報部はお答えすることができません。
直接、カナダ市民権・移民省にお問い合わせください。(英語/仏語)
Eメール:Question@cic.gc.ca
電 話:1-888-242-2100 (カナダ国内からのみ)
ウェブサイト:www.cic.gc.ca

カナダ大使館広報部
IEC / ワーキングホリデー係

※上記レターではオンライン申請へ進む前にアンケートやその他の準備をするよう書かれていますが、これらは当サイトのオンライン手順の中に全て含まれていますので、この時点では無視して結構です。

添付ファイルの内容
トップページへ戻る
【免責】カナダのビザに関するルールや方針、扱いは毎年大きく変化しており、サイトにある情報の正当性はあくまでご本人の責任でご判断下さい。正しい情報はカナダ大使館カナダ移民局各国のカナダビザオフィスのウェブサイトにて確認が出来ます。当サイトは、ご覧いただいた方のビザ申請および入国に関する責任を負うものではありません。例えば当サイトをご覧になって申請した結果なんらかの問題が生じた場合も、運営者は責任を負いかねます。ビザ手続きは有資格者のアドバイスに基づき慎重に行う事をお薦めします。
ワーホリシロップについて | ご質問・お問い合わせ | リンク集 | 評判のカナダ学校特集

Copyright c MilestoneCanada. All Rights Reserved. このサイトはカナダ留学のマイルストーンカナダにより運営されています。